Q&Aよくある質問

  • HOME
  • >
  • イベント

高価なピアノを購入する必要はありますか?購入しなくて大丈夫です!
ポピュラーピアノ教室、鍵盤技塾とは、鍛えるべき三つの能力とは何か?

LIVE&Dining Hey-JOE

■横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1
■Tel:045-313-3631
■HP:http://www.ne.jp/asahi/hey-joe/yokohama/

横浜駅西口より一旦地上に出た後ダイヤモンド地下街中央通路を直進。南12(ホテルキャメロットジャパン前)出口より地上に出て、首都高速高架下をくぐり、ジョナサン手前を左へ(階段があります)50m程進んだ角のビル(進港ビルB1)。

 
高価なピアノを購入する必要はありますか?購入しなくて大丈夫です!
ポピュラーピアノ教室、鍵盤技塾とは、鍛えるべき三つの能力とは何か?

2016年12月3日(土)「サウンドツリー アンサンブル セッション~Marry X'mas~」

『サウンドツリー アンサンブル セッション~Marry X'mas~』
今回も満員御礼、大盛況で幕を閉じました!
普段のレッスンで学んだ事だけでなく、細かなミスもバンドメンバーで素早くカバーし合い、バンド全体でしっかりとそれぞれの『サウンドツリー』を創り上げていました。
人前で演奏する緊張感と、バンドで演奏する楽しさを体感していただけたのではないでしょうか。イベントの最後にはアダチ音研インストラクターバンドによるクリスマスライブを披露!誰もが知っているクリスマスソングをスペシャルアレンジでお届け致しました。

画像をクリックすると大きく見られます。


2016年5月21日(土)「2016 THE 栄光を君に セッション!」 

2016年5月21日土曜日、「~2016 THE 栄光を君に セッション!~」が開催されました。
今回のイベントは、セッションでよく演奏されるスタンダード曲でのセッションコーナーと、ヴォーカル技塾受講生が選んだ曲をアコースティックアレンジで歌って頂くコーナーとでセッション。皆さん日頃のレッスンの成果を存分に披露して大変レベルの高い演奏となりました。演奏後、参加者の方々が非常に良い表情だったのが印象的でした。
本番終了後もアダチ音研受講生同士で演奏の反省点や好きな音楽などの情報交換等、わきあいあいと話されていて、全学科合同のイベントならではのとても有意義なイベントとなりました。

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

2015年12月5日(土)「歌姫・歌王子プロジェクトセッション」 

2015年12月5日「歌姫・歌王子プロジェクトセッション」が開催されました。
今回のイベントではアダチ音研ヴォーカル技塾受講生選曲の曲を、GUITARの東大・ベース義塾・ドラム義塾の受講生がサポートバンドとしてサポートするという内容で、この日の為にプロジェクトバンドを結成し、約半年間のレッスンでしっかり準備した成果が発揮でき、完成度が高く質の高さを実感できた演奏となりました。
「また一緒に演奏しましょう!」や「バンドを組みましょう!」などの受講生同士の交流も活発に行われ、とても有意義なイベントになりました。
また、今回はアダチ音研インストラクターによるライブも開催されました。普段レッスンで接しているインストラクターの演奏を楽しみに沢山の観覧者にもお越し頂きました。
 

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

「みんな参加しよう!!アダチ音研セッション2015」 2015年5月23日(土)

2015年5月23日「みんな参加しよう!!アダチ音研セッション2015」が開催されました。
今回は、通常のセッションでよく演奏されるインスト曲でのセッションと、ヴォーカリストが参加できる歌もの曲でのセッション。演奏、歌、ともに、全て受講生が演奏し、日頃のレッスンの成果を披露しました。
今回のイベントで初めて会うメンバーとの交流や、以前のイベントで一緒に演奏したメンバーとの再開など、全学科合同イベントならではの充実した時間となりました。
 

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

「Plugged & Unplugged」 2014年11月22日(土)

2014年11月22日「Plugged & Unplugged」が開催されました。
今回はアダチ音研レッスン教材として使用しているオリジナル楽曲を用いた初のセッション。
アコースティック・ロック・ブルース・ジャズ・ラテン・ファンク・ポップス等、豊富なジャンルを受講生が演奏しました。また、GUITARの東大インストラクター2人が、アコースティックギターでヴォーカル受講生をサポート。アコースティックならではのアレンジで歌唱力を披露しました。
イベント後の交流会では、各学科の受講生や観覧者の方々との交流が生まれ、充実したイベントとなりました。

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

アダチ音研10周年スペシャルイベント「ミッキー吉野音楽哲学」 2013年10月20日(日)

画像をクリックすると大きく見られます。

 
2013年10月20日、アダチ音研10周年のスペシャルイベントとして企画された、「ミッキー吉野音楽哲学」
日本ポピュラーミュージック界のレジェンドであるミッキー吉野氏を迎え、氏の音楽人生とその哲学を、作編曲技塾インストラクター吉川琢也によるディスカッション形式で語って頂きました。
またイベント参加者の質問全てに対し、一人ひとり丁寧にお答え頂きました。
最初は参加者も緊張している様子でしたが、ミッキー吉野氏の話や演奏などに触れ、次第に和やかな雰囲気となっていきました。
哲学と言える氏の考えに触れ、自分の質問に回答をもらえた事で参加者の皆様も非常に満足されている様子でした。
 
 
イベントを終えて、ミッキー吉野氏にインタビュー

 
:
本日はお疲れ様でした、まずは今回のイベントを終えての感想をお聞かせください。
 
ミッキー吉野:
一言で言うと今回のイベントは面白かったね。アダチ音研は大きすぎず、小さすぎず、色々なものがちょうどよく同居している。その雰囲気は音楽によく合っていて、それを今回のイベント内容からも感じたね。
 
 
 
 
Q:
受講生の印象はどう感じましたか?
 
ミッキー吉野:
みんな真面目だよね。さっき言ったアダチ音研の話に通じるけど道場、稽古場的な雰囲気だね。基本、つまりベースが大事なんだよね。受講生と話してみてしっかりしたカリキュラムでちゃんと学んでいるんだろうなと感じたよ。
また、プロになりたい人から趣味で音楽を楽しんでやってる人まで年代に関わらず色々な人がいて、みんな同じように向上心があるのがとても良いと思ったね。
 
 
Q:
ミッキー吉野さんが考える良い音楽教育とはどんなものですか?

ミッキー吉野:
片方ではその人のいいところを伸ばしてあげて、もう片方では何でもできるようにしてあげることじゃないかな。
教えるっていうよりも持っているもの、知っているものを伝えて導いてあげる。これが基本じゃないですかね。
プロのミュージシャンでも知らない事の多い人はいる。アダチ音研はそういう人達にとってもふさわしい場所だよね。
 
:
プロになるための心構えをお聞かせください。
 
ミッキー吉野:
プロってものは商業的なものだからね。一応プロっていうと職業だからさ、職業としての厳しさはあるよね。心構えもあると思うけど、まずはトレーニングを積まなくてはいけない。そしてそのあと、つまりどういうミュージシャンになりたいのかがイメージ出来る事。
大切なのは自分のスタイルを持つ事だと思う。
そして「本当の知性」というのを身につけてもらいたい。
「本当の知性」とは優しさ、デリカシーだと思う。人の音を聴く、相手を思いやるということがより良い音楽に繋がるのだと僕は考えるね。
 
Q:
趣味としての音楽についてどうお考えになりますか?
 
ミッキー吉野 :
Artには「Life」のArtと「Living」のArtがあって、趣味での創造の追求はプロを超えるものだと僕は思うんだよね。
超アマチュアと言うのかな、その趣味の追求はとても素晴らしいと思うし、それを成し得る環境があるというのはいいよね。
 
 
Q:
ありがとうございます、それでは最後に受講生にメッセージをお願いします。
 
ミッキー吉野:
まずは先生の言う事を聞きなさいって事だね(笑)
そして一番言いたい事は「やり続けてくれ!」って事。
音楽はやればやるほど良くなるものだし、ちゃんと続ければ良い事が必ずある。音楽は裏切らないからね。それが今みんなに一番伝えたいことかな。
 
Q:

本日はありがとうございました。
 
ミッキー吉野:
こちらこそどうもありがとう。
 

「vocal band & instrumental band Session」 2014年5月24日(土)

2014年5月24日「vocal band & instrumental band Session」が開催されました。
LIVEHOUSE横浜HEY-joeを貸し切ってのLIVEイベント。今回はアダチ音研インストラクター演奏で歌うvocal出演、アダチ音研各学科受講生で構成されたインストバンド演奏。観客がいるLIVEスタイルでの演奏は、皆さん少し緊張していたものの、日頃の練習の成果がとても発揮されていました。
普段はマンツーマンレッスンの為、他学科の受講生との交流も持て、演奏以外でも充実したイベントとなりました。
 

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

「SUPER音友セッション」 2013年8月10日(土)

2013年8月10日、「SUPER音友セッション」が開催されました。今回はビートの違いによるアンサンブルの変化をセッションライブ形式で体験。全く同じメロディーとコード進行の楽曲を用いて、8Beat、8BeatHalftime、16Beat、16BeatShuffle、ShuffleBeat、HalftimeShuffle、それぞれ3バンドづつに別れてセッション。
楽曲は同じでも、ビートの違いでどれぐらいニュアンスが変わるか、またメンバーが変わることで楽曲の解釈にも違いが出るなど、リズムアレンジを身をもって学ぶ事のできるイベントとなりました。

画像をクリックすると大きく見られます。

 


 

「The Sing !」 2013年2月23日(土)

 
2013年2月23日、「The Sing !」が開催されました。今回はヴォーカルをフィーチャーし、ヴォーカル技塾の受講生は勿論、GUITARの東大受講生、作編曲技塾受講生のヴォーカリストとして参加。インストラクターバンドの演奏で、ポップス、ロック、ジャズ、ラップ、ミュージカナンバー、とバラエティーに富んだ選曲で、作編曲技塾の受講生はオリジナル曲を披露しました。今回はヴォーカル技塾インストラクター板倉由希子による「ワンポイントヴォーカルアドバイス」もあり、楽しく学べるイベントとなりました。

画像をクリックすると大きく見られます。

 




「音楽歴史博物館」 2012年9月1日(土)

 
2012年9月1日、「音楽歴史博物館」が開催されました。今回は参加者50名が10バンドに分かれ、19世紀の音楽から1990年代までの様々なスタイルの音楽を演奏するという画期的なイベントでした。カントリー、デキシーランドジャズ、Bebop、ディスコなど、今まで演奏した事がなかったジャンルもあったと思いますが、これを機に新たなジャンルに挑戦してみてはいかがでしょうか?今回は各楽曲ごとに、そのジャンルについての音楽歴史的な解説があり、音楽の奥の深さを実感させられ、とても意義のあるイベントとなりました。

画像をクリックすると大きく見られます。

 




 

「 Voice & Compose Recording Session」 2012年2月4日(土)

 
2012年2月4日、アダチ音研・全科の合同イベント「Voice & Compose Recording Session」を開催しました。「歌・作編曲・レコーディング」という他校が行う通常の発表会とは一線を画したテーマにフォーカスをあてたイベント。シンガーは生バンドをバックに歌うことの重要点を学び、プレイヤーはインストとは違う、歌のバックバンドという立ち位置での演奏に重点を置きました。また、作編曲技塾・受講生の作編曲したオリジナル曲をインストラクターバンドで生演奏するという試みにも挑戦。すべての演奏をレコーディングエンジニアを招いてのマルチトラックレコーディングで録音しました。アダチ音研イベント史上最多の出演者数と観客数で、会場は盛り上がりと熱気に包まれていました。
 

画像をクリックすると大きく見られます。

 




 

セッションドラマー新井田孝則による 楽曲におけるドラムアレンジ 2011年5月22日(日)

2011年5月22日、NYより新井田孝則氏をアダチ音研作編曲技塾に迎え開催された「楽曲におけるドラムアレンジ」
作編曲技塾インストラクター吉川琢也が製作した楽曲に、新井田孝則が目の前でドラムをレコーディング。
ドラマーは楽曲のどこに注目し、どう考え、どのようにプレイするのか?
叩き分け、グルーブなどドラマー独自の発想や考え方、ドラムアレンジについて新井田孝則氏に徹底解説して頂きました。
他に例を見ないかなり独創的な内容となり、充実したイベントとなりました。
 
画像をクリックすると大きく見られます。
イベントを終えて新井田孝則氏から今回の内容について作編曲技塾インストラクタ―・吉川琢也と対談
吉川:
本日はお疲れ様でした。
 
新井田:
お疲れ様でした。
 
吉川:
今日のイベントはレコーディングにおけるドラムアレンジに焦点をあてたなかなかないものだったと思いますが、実際にやられていかがでしたか?
 
新井田:
すっごい楽しかったです。色々なイベントをやってきましたが、これほど斬新な企画は初めてでした。アレンジだけではなく実際にレコーディングして解説するって、やっている方も緊張感ありましたね(笑)
 
吉川:
イベントの中でも話されてましたがアレンジャーに必要なものは何でしょうか?

新井田:
日本でもアメリカでも上手いプレイヤーはたくさんいますが、ジャズであったりロックであったりファンクであったりなど、皆得意なスタイルを持っています。
なので楽曲の制作だけではなく、実際に演奏するプレイヤーの得意な部分を引き出せる様なアレンジを心がけること、楽曲のスタイルに合うプレイヤーを選ぶこともとても重要ですね。
 
吉川:
なるほど、プレイヤーによってグルーヴの出し方がそれぞれ違うということになるんですね。
では新井田さんにとってグルーヴの出し方とは何ですか?
 
新井田:
これは実際に演奏する場合でもコンピューターで打ち込む場合でも同じですが、タイムを前後にコントロールさせるだけでなく、それ以前に音の出し方(ダイナミクスによる音色の変化)がとても重要なんです。
音の出し方がしっかり選べるなら、それだけ充分グルーヴに影響させることが出来るんですよ。
 
吉川:
打ち込む場合でもグルーヴを出すにはまず音をしっかり選ぶということで、その次にタイムコントロールということですね。
ではグルーヴとタイムコントロールについてはどのように考えますか?
 
新井田:
ドラムの場合で考えますが、例えばスネアの2拍目、4拍目だけレイドバック(オンビートより少し遅らせることによりグルーヴ感を出すタイムコントロール)させるという言葉をよく耳にしますが、スネアだけレイドバックしても違うんですよ。ドラムはコンビネーションなのでバスドラやスネアとかの全部の絡みがレイドバック感に繋がるんですよ。
さらに一緒に演奏するプレイヤーによっても自分のタイムコントロールが変わりますよ。
 
吉川:
それは面白いですね。結局個人のグルーヴよりもバンドでのグルーヴの出し方が重要なんですね。
 
新井田:
はい。これはグルーヴに限らず音楽理論もそうですが、感覚的に感じ取れるということが重要だと思います。感じ取れれば自分が今どんなグルーヴを出そうか、どんなリズムを出していこうか、どんな音楽にしていこうかという方向性が決まってきますので。
 
吉川:
そうなるとドラマーでも音楽理論を知っていた方が良いですね。
 
新井田:
音楽理論が先走っては駄目ですが、勿論フィールを感じ取るためには理解していた方が効果的ですね。音楽理論を知ることは重要だし絶対に勉強しなければならないです。
 
吉川:
最後にアダチ音研受講生に一言お願いします。
 
新井田:
アダチ音研は本当に斬新で素晴らしい学校だと思います。マニュアルにとらわれずに、受講生一人一人のことを思って音楽の真の部分を教えている学校です。その真の部分をしっかり身に付け頑張って下さい。
 
吉川:
今日はありがとうございました。
 
新井田:
こちらこそありがとうございました。

「楽曲におけるギターアレンジ第二弾」 2011年6月19日(日)

 
2011年6月19日 「レコーディングにおけるギターアレンジ」 第二弾を開催しました。

今回のテーマは、キーボードやセカンドギターなど他のコード楽器がいる場合のギターアレンジに焦点を当て、楽器との兼ね合いを解説・実演し、より実践的な内容となりました。 

●自分のギターを他の楽器と違うアプローチで録音したいが、全くアイデアが浮かんでこない。
 
●キーボードやストリングパートが既にあり、ギターと音域がぶつかって邪魔をしてしまう。
 
●楽曲にギターならではのカラーを加えたいが方法がわからない。(ギターリフメイキング等)
 
以上の点をマイナスワン音源に浜中がギターをレコーディングし、
他のコード楽器との兼ね合いやボイシング等を追求・解説。

ギタリスト目線浜中、アレンジャー目線吉川が楽曲の制作を解説をしながら進行、様々なギターをレコーディングし楽曲を形にしていきます。

 

機材等の音作りやギターの種類の選択などギタリストが気になる情報も満載。

 

模範演奏をTAB譜つき五線譜で書いてある資料、目の前で演奏しているギターと見比べられます。
参加者全員に ギターパートを緊張する中、 実際にレコーディング。客観的に自分のギタープレイを聴けるとても良い機会になったのではないでしょうか。
 
参加者が レコーディングした音源はその場でラフミックスを行い、模範演奏と合わせてCDにミックスしてお持ち帰り頂きました。
 
自分の演奏を見直し、配られた資料を見直す事で、自分のギターの演奏について、また楽曲のアレンジについて再考して頂けたらと思います。

「NewYear VocalBand & InstrumentalBand Session 2011」 2011年1月23日(日)

2011年1月23日、恒例となった新年イベント「NEW YEAR Session」が開催されました。
前回に引き続きヴォーカル技塾生を加えたヴォーカルセッションバンドも5バンド出演!!バラエティーに富んだセッションとなりました。
参加者の年齢層も10代~60代までと幅広く、受講生の幅広さを改めて感じたのと同時に、「音楽に年齢の壁はない」という事を実感するセッションとなりました。
 
画像をクリックすると大きく見られます。

レコーディングにおけるギターアレンジ2010 2010年11月23日(火・祝)/追加日2010年12月5日(日)

★GUITARの東大イベント「レコーディングにおけるギターアレンジ」☆
 
●もし突然ギターのレコーディングを頼まれたら、何をどう弾けば良いのか分からない・・・
●ギターをレコーディングしてみたが、音作りやCDのような「聴かすギターフレーズ」が思いつかない・・・
●バンドでCDを作りたいがライブで弾いているパートを録音するだけではなんか寂しい・・・
●レコーディングの際、アレンジャーやプロデューサーのリクエストにその場で応えられなかった・・・
 
 
アレンジに求められるギターの役割とは何か?
ギタリストとして何を考えて弾けば良いのか?
 
そんな疑問に対して実際の制作を通してアレンジに必要なギターレコーディングの解説実演を行いました。
 
第1部:アレンジに求められるギターの役割
ギターの選択、エフェクターやアンプの設定、そしてどのようなギターパートを入れていけばバランスがよく聴こえるのか?
アレンジャー視点で何をギタリストに求めるのか?
など制作の行程を実際の浜中のレコーディングデモンストレーションを交えて解説。
 
第2部:レコーディングを体験
参加者全員が実際にレコーディングを行い、その過程で考えなければならない事、ノウハウ、曲を良くするアドバイス等を浜中が隣に付き、指導しながら曲を制作。
 
画像をクリックすると大きく見られます。

Super Recording Session 2010

2010年9月18日、Live & Dining Hey-JOE にてライブレコーディングイベント、「Super Recording Session 2010」を開催しました。今回のイベントは、通常のライブとは異なり、全ての楽器にマイクを設置してレコーディングエンジニアが録音するという、本格的なライブレコーディングでした。さらに、ヴォーカル技塾生が初参加したイベントとなり、今までに増してバラエティー豊かな内容でした。レコーディングセッション後にはヴォーカル技塾インストラクターによるライブが行われ、アダチ音研ならではの「唯一無二」のイベントになりました。
 
画像をクリックすると大きく見られます。
鍵盤技塾、理念方針ページへ
鍵盤技塾、理念方針ページへ
鍵盤技塾、理念方針ページへ
鍵盤技塾、理念方針ページへ
鍵盤技塾、理念方針ページへ
鍵盤技塾、理念方針ページへ


フリーコール: 0120-977-474
【月~土日祝・年中無休】
(電話受付時間:午前9時~午後7時)
 

お問合せメールフォーム
【24時間対応・12時間以内返信】
メールフォームが上手く作動しない場合は
media@adachionken.net
までメールでお問合せください。

株式会社アダチ音研
〒232-0072 神奈川県横浜市南区永田東3-16-5 アダチ音研ビル
MAP~マップ~
Tel&Fax:045-711-8282 
フリーコール:0120-977-474




アダチ音研・公式facebook

アダチ音研・公式Twitter