鍵盤技塾レッスン理念方針
レッスンをレッスンは一緒に答えを見つける場所
 
レッスンは家での練習成果をただ披露する場所ではありません。受講生のやりたい事、目指す目標を明確に提示し、それを達成するための道筋を作るのが本当のレッスンです。
 
レッスンを通して目標を提示します
 
鍵盤楽器が弾けると何ができるでしょうか?
 
「自分で好きな曲をピアノアレンジ」「歌の伴奏や弾き語り」「バンドやセッションに参加してみんなで演奏する」「ピアノでの作曲やDTMの打ち込み」など
 
鍵盤楽器が弾けることで様々な可能性が広がります。レッスンを通してあなたのやりたいこと目標を一緒に考えていきましょう。
 
目標を達成する道筋をつくります
 
あなたが鍵盤楽器を通してやりたいことつまり目標に向かって何が必要なのか?つまり道筋を明確に示します。
 
「どのような練習が必要か?」「音楽理論や楽器知識」「聴音や読譜能力」など鍵盤技塾カリキュラムを使いあなたのレッスンをプロデュースします。
 
初心者、経験者は関係ありません私共にお任せください。
 
曖昧な表現ではない実感のあるものを
 
先生の主観で良し悪しを決める曖昧で分かりにくいレッスンはしません。
 
何のためにそれをやるのか?何ができるようになったか?成長の実感を感じられることがレッスンには重要です。
 
レッスン内容には明確な意義が必要
 
レッスンには確かな成長の実感、達成感が必要です。
 
そのためには「なぜこの練習が必要なのか?」「コード伴奏をどう組み立てるのか?」「何をやればアドリブが取れるようになるのか?」など
 
レッスンに明確な意義を持たせなくてはいけません。
 
レッスンにハテナは残しません
 
鍵盤技塾のレッスン内容は「なぜ」必要か「どう」やればいいのか「いつ」までに「なに」をするのかなど明確に示します。
 
場当たりでなくしっかりしたカリキュラムに基ずく充実したレッスンを実践します。
 
レッスンは一緒に答えを見つける場所
 
レッスンは家での練習成果をただ披露する場所ではありません。受講生のやりたい事、目指す目標を明確に提示し、それを達成するための道筋を作るのが本当のレッスンです。
 
レッスンを通して目標を提示します
 
鍵盤楽器が弾けると何ができるでしょうか?「自分で好きな曲をピアノアレンジ」「歌の伴奏や弾き語り」「バンドやセッションに参加してみんなで演奏する」「ピアノでの作曲やDTMの打ち込み」
 
など鍵盤楽器が弾けることで様々な可能性が広がります。レッスンを通してあなたのやりたいこと目標を一緒に考えていきましょう。

目標を達成する道筋をつくります
 
あなたが鍵盤楽器を通してやりたいことつまり目標に向かって何が必要なのか?つまり道筋を明確に示します。
 
「どのような練習が必要か?」「音楽理論や楽器知識」「聴音や読譜能力」など鍵盤技塾カリキュラムを使いあなたのレッスンをプロデュースします。初心者、経験者は関係ありません私共にお任せください。
 
曖昧な表現ではない実感のあるものを
 
先生の主観で良し悪しを決める曖昧で分かりにくいレッスンはしません。何のためにそれをやるのか?何ができるようになったか?成長の実感を感じられることがレッスンには重要です。

 
レッスンには確かな成長の実感、達成感が必要です。そのためには「なぜこの練習が必要なのか?」「コード伴奏をどう組み立てるのか?」「何をやればアドリブが取れるようになるのか?」などレッスンに明確な意義を持たせなくてはいけません。
 
 
鍵盤技塾のレッスン内容は「なぜ」必要か「どう」やればいいのか「いつ」までに「なに」をするのかなど明確に示します。場当たりでなくしっかりしたカリキュラムに基ずく充実したレッスンを実践します。


つくるを学ぶレッスン内容
 
鍵盤技塾ではポピュラーピアノならではの「つくる」楽しさを受講する方に知っていただきたいと考えています。
 
バンドで伴奏をしたり、アドリブでソロを演奏したり、好きな曲をピアノアレンジしたりなどポピュラーピアノ演奏は自分で演奏を「つくる」能力が求められます。
 
つまりポピュラーピアノを学ぶにはクラシックピアノとは別のレッスン内容が必要になるのです。
 
レッスン内容について詳しく見る
 
つくるを学ぶレッスン内容
 
鍵盤技塾ではポピュラーピアノならではの「つくる」楽しさを受講する方に知っていただきたいと考えています。
 
バンドで伴奏をしたり、アドリブでソロを演奏したり、好きな曲をピアノアレンジしたりなどポピュラーピアノ演奏は自分で演奏を「つくる」能力が求められます。
 
つまりポピュラーピアノを学ぶにはクラシックピアノとは別のレッスン内容が必要になるのです。
 
レッスン内容について詳しく見る

鍵盤技塾お問合せご不明な点ご質問などお気軽にお問合せください

メールでのお問合せ年中無休24時間受付12時間以内返信
メールフォームがうまく作動しない場合はmedia@adachionken.netまでメールでお問合せください